早稲田アカデミー社内報、ニューヨーク校風景、帰国生対象説明会風景

1600 HARRISON AVE. SUITE 103 MAMARONECK, NY 10543
この地に、早稲田アカデミーニューヨーク校が9月1日(日)に開校した。

校長を務めるのは、皆さまもご存じ、2015年スピーチコンテストの優勝者であり元国際課長の田畑康。自他ともに認める海外生・帰国生指導のエキスパートであり、自らもシドニーとクアラルンプールで学んだ帰国生である。ちなみに、たけし軍団にもスカウトされたことがあるらしい……

9月8日(日)にニューヨークで実施した開校説明会には、140名以上の方にご参加いただくことができた。早稲アカブランドへの強い期待と責任の重さをひしひしと感じる。当日は古田社長より、早稲田アカデミーが大切にしているコアの部分を熱く語ってもらった。

この校舎で学んだ生徒たちに、将来、日本と世界の架け橋となり、世界という大舞台で活躍してもらえるよう、ニューヨーク校職員は一丸となって指導にあたっていく。

田畑校長は、今日もニューヨークの地でこう叫んでいるだろう。
Right foot half step backward, left hand on the waist,
right fist beside the ear !
“ We are sure to pass ! ”

一方、国内では、7月20日(土)に「帰国生対象 学校説明会・個別相談会」をTKPガーデンシティPREMIUM池袋で開催した(首都圏中学模試センターとの共催)。

初めての実施にもかかわらず100校以上の学校にご協力いただき、なんと1,100名の方に参加いただいた。早稲田アカデミー国際部のブランド力の高まりを強く感じるイベントとなった。

「基調講演」として、海外での子育て経験を有する開成学園の柳沢校長が「海外経験を有する子どもの育て方」をテーマに講演。海外生・帰国生の保護者の方に対して多くのヒントをいただいた。

帰国生受け入れ校による「学校説明会」では、19校の先生方に、学校の教育方針や求める生徒像、学校生活や授業、入試制度などについてお話しいただいた。参加者からは一度に多くの学校の説明を聞けると好評だった。

95ブースを設置した「個別相談会」では参加者が各学校の先生と直接話ができることから、「子どもが先生方と話せて喜んでいた」「今まで知らなかった学校を知ることができた」といった声をいただいた。(「95ブースの設置は相当骨が折れました」と、実務責任者の岩藤主任からは湯気が……)

このほか、早稲アカ帰国生OB/OGによる「パネルディスカッション」、国際部職員による「帰国生入試基礎講座」、各学校による「資料設置コーナー」など、開場から閉場まで楽しんでいただける充実したイベントになった。
“WASEACA”のフィールドは広がり続けている。

お問い合わせ・ご相談窓口

アルバイト採用お問い合わせ窓口

【電話のお問い合わせ】

スマートフォンの場合、下記のボタンを押してご発信下さい。

社員採用お問い合わせ窓口

【電話のお問い合わせ】

スマートフォンの場合、下記のボタンを押してご発信下さい。

新卒採用/インターン情報満載!
LINE公式アカウントにご登録下さい

ご登録いただくと、新卒採用やインターンシップに関するイベント情報などを優先案内させていただきます。

LINE公式アカウントでしか入手できない特別な情報もあるかも!!

まずはお気軽にご登録ください!

早稲田アカデミー採用公式LINEアカウント