蒲田校 / 校長

門谷 航

Monya Wataru

講師職

仕事のやりがい

若手もベテランも関係なく実力と熱意があれば正当に評価をされ、責任ある仕事を任せてもらえるところです。私は毎年のように新しいステージ(仕事)が与えられているので、いつも新鮮な気持ちで仕事ができています。社内では高みを目指して競争をする文化があり、勝負事が好きな職員が多いので常に心地よい緊張感を持って業務にあたっています。

早稲田アカデミーの良さ

業務は多岐に渡るためPCを用いて作業することも多いですが、いざ授業が始まると、正社員でもアルバイトでも生徒の前では一講師として全力で授業に取り組みます。1年目の講師でも生徒への熱意があれば子どもは変わります。また、講師室では常に先生たちは生徒の話をしていて、子どもへの熱意ある職員が非常に多い職場です。

現在の仕事内容

第一は授業です。早稲アカの校長はプレイングマネージャーのため、運営だけではなく授業も受け持ちます。また授業周辺業務としては、質問対応や生徒・保護者対応があります。校舎の管理者としては校舎イベントの起案や成績向上に向けた仕掛け、新人講師の採用や育成、問い合わせ者対応や学習カウンセリングを担っています。それに加えて全社業務のNN志望校別対策コースの副責任者としての業務も担当しています。校長は仕事が多岐に渡るゼネラリストです。

今後の目標

役職としては近い将来、部長や次長といった上位の幹部職を目指しています。そのために、校舎に与えられた目標を常にクリアできるように日々考え行動しています。社内の競争文化もやる気の原動力になっていますので、早稲田中対策コースの副責任者として早稲田中日本一奪還も直近の目標です。合格者を1名でも多く増やせるように全力で授業をし、一人一人にしっかりと寄り添っていくことで4月の入学式で多くの生徒に早稲田中の校門をくぐって欲しいです。